ひとりごと

社会人を経て、専門に通ってます。介護福祉士目指して、只今勉強中。学校のこと、主に趣味や日常のたわいもないことについて綴ります。

タンポポ

先日観た、タンポポって映画。

監督は伊丹十三

若かりし頃の役所広司や、渡辺謙が出てた。二人とも当たり前だが、男前。

タンポポさん演じる宮本信子可愛かった。

未亡人が経営する売れないラーメン屋をトラック運転手が手を貸して立て直すって話。

本編の途中にオムニバス形式に他の話が挿入されてんだけど、そこがわけがわからない話のオンパレード笑

食と性の関係性?食と生について?
食と性っていうのがなんとも…ってシーンだったけど衝撃だったね笑


とにかく食にまつわるあらゆるものが詰まっている。
詰めすぎで、常人にはなかなか理解不能でしょう笑

しかし途中出てくるホームレスが作るふわふわ卵のオムライスや、死にかけの母が家族のために作るチャーハンなどとても美味しそうだし、本編のタンポポさんの話はなんか可愛らしくてほのぼのできた。

今はこういった感覚の映画は早々ないので、新鮮だった。

次は伊丹十三の「お葬式」観たいと思います。


f:id:yukorin0731:20150702222141j:plain


《25周年ツアー第四弾》フラワーカンパニーズワンマンツアーStayin'Alive

f:id:yukorin0731:20150701001742j:plainフラワーカンパニーズのワンマンツアー行ってきた。
ワンマンに行くのは、渋谷公会堂?以来。(今CCレモンホールだっけ?)
新しいアルバム全曲+昔からの曲をガッツリやってくれました。

MC聴いてて、メンバーは46歳だと知ったけど、あんまり年齢意識したことなかったな。

いつまでも少年!
ステージから見える鈴木さんの笑顔、歌う姿はキラキラしてた。
愛のあるライブだったなぁ。
熱くて、かっこよかった。


千葉LOOKはキャパ200人だと思ったんだけど、私と友達のチケット番号198と199でギリギリ笑

なので会場は人で埋め尽くされてた。
多分同じ年代の人もいたり、お客さんの年齢層は幅広いなと。

25年もやってるのに、どの楽曲も古さを感じないね。
変わらぬ良さと変わり続ける良さがある。


元少年の歌の歌詞に
大人だって泣くぜ 大人だって恐いぜ
大人だって寂しいぜ 大人だってはしゃぐぜ
大人だって愚痴るぜ 大人だって逃げるぜ
大人だって遊ぶぜ 大人だって子供だったんだぜ


っていうのがあって。
純粋な大人って感じだし、いろんなこと乗り越えた上での大人って感じもする。
沁みたわー。

個人的には孤高の英雄もすごく好き。反骨精神って感じ、男のロックンロール。
他にもいい曲がたくさん。
これからもずっと四人で走り続けて欲しい!
初の日本武道館おめでとう!
行けたらいいなー、というか行くよ!




フィットネスとリンパドレナージュと癒し

今日は休みなので、いろいろ普段できないことを済ませる。

一週間以上間が空いたが、フィットネスへ。
手始めに筋トレマシーン。
そのあとカラダリセットというプログラム30分。インストラクターの方がつく。
主にボールなどを使ったストレッチ。
続いて美腹メイクというプログラム15分。
終わってから30分間ランニングマシーン。
結構汗かいた。

それからここ最近、仕事に慣れてないせいもあってすでに体のあちこちにガタがきていたので、マッサージ予約。

初めて行ったお店なんだけど、整体とリラクゼーションが合わさったお店。

予約の際、医療関係者など激務を担う人達から高い指示を受けている、という言葉に惹かれた。

院長さんをご指名。ゴッドハンドって言われてるそう。

店内を入ると少し薄暗くて、落ち着ける空間。
スーパーで買い物帰りの私に、何か冷蔵庫入れとくものありますか?と。
「気の利く方だなぁ」と感心してしまった。
それは至るところに現れていて。
さすが接客+人を癒す仕事だなと感じましたわ。

初めに首肩からコリを緩めていって、全身緩めてもらい、骨盤矯正、深部ストレッチ、リンパドレナージュ、小顔マッサージと、盛りだくさん。

素人なりにも、やっぱりマッサージしてもらってすぐうまいかどうかってわかるものなんだね。

全部最高に上手かった。

ほんとにゴッドハンドって言われるの納得。

リンパドレナージュの手技がこれは初めてというくらい素晴らしかった。
(数軒のリンパドレナージュしか経験ないけど)

そして会話の適度な足し引き。
もちろん会話に人柄は出るものだけど、どういう人かわからないうちから
その人を心地よくさせるという、空気の読み方や会話の仕方なんて、きっと元々持ってるものだったりもそうだが、経験も物を言うのだろう。

とにかく人を癒すセラピストや整体師というお仕事、大変だとは思うが、素晴らしい仕事だと感じた。

介護職だと言ったら、頭が下がります。なんて言われたけど、介護職に就く前は確かによくああいったことができるなぁって感心したこともあった。

でも最近思う。
今はまだ必死に業務を覚える段階だけれど、自分なりの心を込めた仕事をするには相当の努力と忍耐と様々なものが必要だってこと。

ただ同じことを淡々と繰り返すなら、ロボットだってできるのだから。

教えられたことをしっかりやることがまず今の目標だけれど、そこに人に対しての思いもなければ。

自分には何ができるのだろう。
始まったばかりなのに、こんなんでいいのか?とか、この人はどう思ってるんだろう?ってまだまだ片足も突っ込んでいないようなものだ。

どうしたいかと言われれば、自分が元気をもらうように、癒されるように
限られた範囲でも
いつか癒すことができる仕事がしたいと思った。

今日行ったサロンの店長さんは歴19年だそう。
どんな仕事もそれをわかるまでには、時間を要するだろう。

甘い仕事なんてどこにもない。
少しずつ、今の思いを持続して叶えていきたい。

そのためにはまず自分のメンテナンスをしないともたないわー。
これから通おうっと。

八日目の蝉


f:id:yukorin0731:20150610001845j:plainようやく観たこの映画。

なんとなくお涙頂戴的なイメージが先行してた。

でも永作博美の演技を観たかった。

ストーリーとしては、不倫や堕胎など重いテーマではあった。

それでも後味は悪くない。
悲劇のヒロイン系の物語とも違う。

それは俳優陣の演技や、物語の進行具合や、美しい景色の描写だったりがあわさってそうなったのだと思う。

とにかく永作博美のある意味での純粋さには胸を打たれる。
世間として、当たり前に悪の側にいるんだけど、その中身は怖いほど純粋で、美しい。

それが一貫しているから、観てて心地よく、そしてそれが表情にうまく表れていた。

井上真央キッズウォーと花より団子のイメージが強かった自分だったが
気だるい大人の女性の雰囲気が出ていて良かった。

こんな生い立ちであるのに、どこか諦めている部分があってあっさりしているから憎めない。

あとは母親役の森口瑤子も良かったし、小池栄子の演技もとても良かった。

小池栄子は女優として活躍されているけど、ちょっと変な役柄もこなせていいなぁと思った。

長ったらしく書いたが、物語の中盤?からの小豆島での生活がとても良かった。

暗く重いテーマを塗り替えるほどの美しい景色達と暖かい人間たち。

レビューを読んだが、犯罪を美化とかそういうことよりも
小説や映画には現実では描けない物語としての美化が必要だと思う。

当たり前のことを当たり前のように描いてたら当然つまらないわけで。


こちらもまた、小説で読みたいと思う。

角田光代の小説「月と雷」も今読み進めているが、彼女の小説は何か欠けてしまった家族像が多いのかな?

こちらもじっくり読みたいと思う。



アボカドチーズクリームパスタ

f:id:yukorin0731:20150609222828j:plain
①アボカドを一口大に切ります。
②オリーブオイルを熱し、ニンニクを入れます。
③アボカドを入れて炒めます。
④牛乳を入れ、パルメザンチーズととろけるチーズを入れます。
⑤とろみが出るまで混ぜながら煮詰めます。
⑥ブラックペッパー、コンソメ、塩コショウで味付けします。
⑦パスタと絡めて、完成。

手作りスコーン

材料
薄力粉250g
塩少々
バター60g
ベーキングパウダー大さじ一杯
グラニュー糖50g
牛乳100cc
卵黄一個
チョコレートはお好みで

これは全て半量で作ってます。
それとバターが足りないため、マーガリンとミックスしてます。

f:id:yukorin0731:20150608235651j:plain
粉類を合わせて、ふるいにかけます。
f:id:yukorin0731:20150608235718j:plain
バターは直前まで冷蔵庫に入れておき、粉類と合わせます。
この時、バターが溶けないうちに粉と合わせて切るようにして細かくします。
f:id:yukorin0731:20150608235836j:plain
粉類を山のようにして、真ん中をくぼみを作ります。
牛乳と卵黄を混ぜ合わせて、そこに入れます。
f:id:yukorin0731:20150609000315j:plain
生地をまとめて、お好みでチョコレートチップを入れます。
1時間〜2時間冷蔵庫で冷やします。
f:id:yukorin0731:20150609000317j:plain
冷やした生地を型で抜きます。

オーブントースター190度で温めて、オーブンシートを敷き、20分焼きます。

f:id:yukorin0731:20150609000318j:plain
今回は型が小さいものにしたので、分量が少ないためか膨らみが少なかったですが、サクッとできました。

バジルソーセージとキャベツのペペロンチーノ

f:id:yukorin0731:20150608220513j:plain
①パスタ茹でます
②キャベツとソーセージを切ります
③オリーブオイルを熱して、ニンニクを入れます
④鷹の爪があればここで入れる(無いのでまた島唐辛子
⑤具材を炒めます
⑥パスタが茹で上がったら、フライパンに入れ、茹で汁をお玉一杯分入れて、強火でフライパンをゆすりながら、オリーブオイルを乳化させます。(好みの硬さよりも少々硬めにする)
⑦塩コショウで味付けして、完成。