ひとりごと

社会人を経て、専門に通ってます。介護福祉士目指して、只今勉強中。学校のこと、主に趣味や日常のたわいもないことについて綴ります。

ハローグッパイ

今日は二年間通った専門学校の卒業式。

大人になってからの卒業式というのは、感慨深い。
いいこともそうでないことももちろんあって、それでも一つの節目は大切なことだと思う。

冗談交じり本気半分で、兄と父を式に誘ってみたらきてくれた。
29年生きてきて、学校行事に親を呼んだことは多分小学生以来か。

兄はわざわざ神奈川から、嫁さんと甥っ子を連れてきてくれた。そして父も。

卒業式云々もそうだが、一つワガママを聞いて欲しかった。いや、今までやりたい放題で生きてきたが。甘えたかった。

今日一日は娘であり、妹であり、生徒であり。それがとても幸せに感じた。

見えない何かに守られていることを、実感した。

離れて暮らしているが、家族は家族だ。

卒業式というこの日にそんなことを感じることができたことに、感謝したい。

学校のみんな。
人間同士の付き合いは綺麗なことばかりではないけれど、同じ空間や時間を共にする人がいるということ自体が、価値のあることなのだと思う。
これからもっと壁にぶち当たる。自分もみんなも。
納得いかないことや、辛いこと、理不尽なこと。
きっとそういうことの方が沢山あるだろう。


それでも皆がそれぞれの道で幸せでありますように。

自分も不安はあるけれど、進みたいと思います。
心配の声や不安な思いを私はぶち壊したい。
いつか胸を張れるようになりたいから。

本番はこれからなのだ。



みんな卒業おめでとう。そしてありがとう。

f:id:yukorin0731:20150313235021j:plain